杯飲んだ後に風俗へ行ったときのほろ酔い体験談です。

一杯飲んだ後はこっそり風俗へ

大変な時こそデリヘルを頼る

投稿日:2017年2月7日

自分自身、仕事がいっぱいいっぱいだったり精神的につらいなって時にこそデリヘルのお世話になるんですよ。そういった時は誰か他人に何かしらのフォローをしてもらいたくなるものじゃないですか。かといって風俗店に行くのは時間を捻出するのが難しいケースもあるじゃないですか。風俗に行けば精神的な問題は解決できる可能性が高いとは思いますけど、でも忙しい。このジレンマがありましたけど、デリヘルであればそういったこともないんですよね。なぜならデリヘルは呼べるじゃないですか。60分のコースだったら本当に60分だけあればいいじゃないですか(笑)お店で60分のコースを楽しもうって思ったら移動の時間だって必要になりますけどデリヘルなら本当にプレイの時間だけで十分なんです。そう考えると、忙しい時や誰かに頼りたいなって思うような時にこそデリヘルを頼るのは、ある意味でかなり合理的なんじゃないかなって。男としても満足出来ますし。

男としての満足が待っている

デリヘルは風俗の中でもより男の部分を満たすことが出来るのではないかなと。風俗でのプレイは基本的に男として満足出来るものだとは思うんですけど、そうじゃないんですよ。風俗店でのプレイは単純に快感を得られるのみですけど、デリヘルでのプレイは快感だけではなくてプラスアルファでいろいろなことを得られるじゃないですか。例えばですけど、デリヘルであれば呼び出すかのような形式なので、何となく精神的に上に立てるじゃないですか(笑)まさにセフレを呼び出すかのような感覚と言いますか、いろんな気持ちを味わうことが出来るんです。さらには女の子だって基本的には従順ですしね。だからデリヘルは男のプライドを満たしてくれるサービスなんじゃないかなって思っているんですよ。あの感覚を味わうと、普通の風俗での満足感がどこか物足りない…は言い過ぎかもしれないんですけど、充実感や自尊心を満たしたりと、とにかくいろいろな形で楽しめるんです。